クレジットカードの海外使用なら、ブランドはVISAとMASTER CARDの2枚持ちが良いですよ、という当たり前な話

これまで何度かクレジットカードについて書いてきましたが、海外でクレジットカードを使うことを想定した際の、基本的なことを書いていませんでしたので、ここで紹介します。
※カード関連記事は最後にまとめていますのでそちらもどうぞ。

海外の支払いはクレジットカードが基本

海外は、後進国や田舎を除けば、日本以上にクレジットカードでの支払いが基本です。
特に欧米はクレジットカード大国ですので誰もがカード決済です。
スーパーマーケット、レストラン、ショッピングセンターからフードコートまで、カード一枚あれば困ることはありません。
当然、国際ブランドであれば日本発行のカードも問題なく使用できます。

もちろん現金も使用できますが、慣れない異国の地で現金を使用するのはとても面倒です。
何が面倒なのか、代表的なものを上げてみましょう。

お札でも支払いはできるけど、受け取ってくれないことも

これは、日本ではありえない話ですが、アメリカではまれにあります。
特に100ドル札は受け取ってくれないことが比較的多いですね。
その理由は、偽札の疑いがかけられるためです。
ドル札って、おもちゃのお金みたいですよね。
個人的にはサイズも小さくて、可愛らしく好きです。
やはり日本人なので、日本のお札のほうがありがたみがありますけどね。

海外では、日本に比べてお札の偽造事件も多いようで、特に100ドル札の新札を使用する際などはお店の対応者によっては支払いを拒否される可能性があります。
出国前に、日本の銀行でドル札を準備する際にも、100ドル札は使用できないことがあるということで、換金のラインアップから外れていることがあります。
そんな面倒なことに巻き込まれるくらいなら、サクッとクレジットカード決済をしたほうが楽ですね。

小銭が貯まって大変なことに

これは日本でも同じですが、現金支払いをしているとどうしてもお釣りが発生しますよね。
そして小銭がたまっていき、気づいたら財布が小銭でずっしり、などということになり兼ねません。
そうならないように、こまめに支払いの端数を計算して小銭を使っているのが実情だと思います。

しかし、ここで問題になるのが日本と海外の感覚の違いです。
日本では、先述の通り、支払額の端数を小銭で払って、お釣りをキリよく貰うことが普通に行われていますよね。
しかし、アメリカとなると、その行為はあまり理解されません。
なぜ購入に必要な額以上の支払いをしようとするのか理解されず、「これはいらないよ」とそのまま返される事があります。

更に、慣れないコインですから、使用するのも一苦労です。
面倒な思いをして出したコインがそのまま返されるなんて、嫌ですよね。
私の机の引き出しの中にも、セントコインがジャラジャラと眠っています。

解決策は?


クレジットカード決済を行ってしまえばこれらの問題は解決されるのですが、他にも方法はあります。
万が一の為、常に現金も持っていきますしね。
さすがに、紙幣を全く持たずに海外に行く人はいないと思います。
持っていった海外紙幣は現地で使わないと、持って帰っても使いみちがありません。

まずは偽札疑惑で使えない問題ですが、これはなるべく疑われる可能性の高い高額紙幣を持って行かないに越したことはありません。
ドルであれば50ドルまでの紙幣で揃えることですね。
日本で生活していても、意外と一万円札って使い勝手は悪いですからね。

次に小銭の使い方ですが、これは長らく良い解決策がない状態でした。
おそらく、沢山の海外に行かれる方の家には異国の小銭が転がっているはずです。

または、滞在最終日にホテルのチップに全て置いて帰る、ということを聞きますが、これはおすすめしません
そもそもチップは必要ありませんが、渡すとすれば基本的に紙幣が原則です。
逆の立場で、1円や10円をジャラジャラと置かれていっても良い気分にはなりませんよね。

それでは、たまった小銭はどう使うのか。
私の場合は、自動販売機セルフレジで使用します。

ホテルなどで自動販売機を使って軽食や飲み物を購入するようにすれば、それなりに小銭を使用することが出来ます。
ただし、当然割高になりますので、非常にもったいない使い方となりますね。
500mlの飲み物が、スーパーの2lと同じ値段ですからね。
日本に持って帰るくらいなら使ってしまったほうが良い、という割り切りです。

お勧めは次のセルフレジです。
日本でもだいぶ一般化していて、気づけば導入していないスーパーマーケットのほうが珍しいくらいになりました。
海外でもセルフレジは随分浸透しているように思います。
セルフレジであればたまった小銭をジャラジャラと流し入れれば自動的に計算されて使用することが出来ます。
値段もスーパーマーケットなので一般的な価格で購入できます。
ただし、やはり海外なので使い方がわからなかったり、会員でないと使用できないなど制限があることがあります。
それさえクリアできれば、海外出張や海外旅行において、長いこと問題になっていた、帰国時の小銭ジャラジャラ問題が一気に解決できますね。

しかし、そもそも紙幣を使用しなければお釣りも発生しません。
やはり、基本はクレジットカードで決済を行い、現金の私用は最低限に抑えるべきでしょう。

VISAとMASTER CARDの2枚持ちであれば問題なし

さて、海外でクレジットカードを使用するメリットについて述べましたが、実はカードブランドによって世界加盟店のシェア率には大きな違いがあります。
ブランドによって、使えるお店の数に差があるということですね。
なので、準備万端と思って臨んだ渡航先のレストランで、突然カード支払いができない!なんてことになる可能性も考えられます。
それを考えると、クレジットカードは最低でも2枚は持っていたほうが安心です。
ちなみに私の場合は、長らく、MasterCard、VISA、AMEXの3枚持ちでした。

主要な国際クレジットカードブランド別の世界シェア率を見てみましょう。
VISA 58%
MasterCard 26%
AMEX 3%
JCB 1%
ダイナースクラブ 1%
[/box] 以上の結果を見ると、ブランドによってとても大きな差があるのがわかります。
AMEXやダイナースクラブはやはり敷居の高さからか、全体の割合から見ると使用している人が少ないみたいですね。
JCBは意外に感じられるかもしれませんが、日本人しかしか使用しないので、このような結果になっています。

以上は、どれだけの発行枚数があるかという事を簡単にわかる数字ですが、加盟店の数はどうでしょうか。
どんなにサービスが優れたカードブランドでも、肝心の決済に使用できなければ意味はありません。
海外での利用を前提とすれば、JCBはどうしても他のブランドと比べると加盟店数で見劣りします。
海外で利用できる店は少ない印象です。

AMEXとダイナースクラブは利用に問題はないと思いますが、そもそも年会費が高めなので、ステータス重視の方以外にはお勧めできません。
逆に言えば、ステータス性と特典は、やはり頭一つぬけているという事ですね。

という事で、クレジットカードの海外使用を考えると、カードブランドはVISAとMasterCardの2枚を持っていれば問題ない、という結論です。
1枚では駄目なのか、と言われれば、やはり最低でも2枚は持っておいた方が良いというのが私の答えです。

理由としてまずは、既に述べたように、利用したい店で、どちらかのブランドに加盟していなかったときでも決済ができます。
次に、クレジットカードは、何かの拍子に使えないことがごく稀にですがありますので、その時のバックアップの為です。
これはカード自体のエラーであったり、カード会社が何らかの理由で使用制限をかけたり、という理由で利用できないことが考えられます。
私も、レストランの支払いやスーパーマーケットの決済に利用できなかったことが何度かありました。
そんな時に予備のカードがなかったり、現金の持ち合わせがなかったりすると焦りますよね。
なのでカードは最低でも2枚は作っておいた方が良いと思います。

海外に行くことを考えると、私のおすすめは楽天カードと、エアラインのマイル系カードの組み合わせですね。
楽天カードは年会費無料でもよいですし、海外ラウンジが使い放題になるプレミアムカードであればさらに渡航先での行動が充実します。
マイル系カードは利用しているエアラインによって、ANAカードとJALカードのどちらかを作成しておけば良いと思います。
搭乗時のマイル加算が増加されますし、更新時にもマイルボーナスがあります。

スキミングには十分注意して


さて、海外ではクレジットカード決済を最大限活用すれば、より楽に異国での生活を楽しむことが出来る事を述べました。
最後に、海外でのクレジットカード利用の際の注意をまとめて終わろうと思います。

まずは、紛失、盗難にはくれぐれも注意し、もし万が一発生した際にはすぐにカード会社に連絡して利用をSTOPしてください。
連絡先は事前に記録しておくか、今はインターネットで検索すればすぐに出てくると思いますので、落ち着いて迅速な行動が必要です。

次に、海外ではスキミングの被害が非常に多いです。
スキミングとは、何らかの方法でカード情報を盗み出し、そのカード情報を使用して決済や手続きを不正に行う犯罪です。
日本にいても確認は必要ですが、特に海外に行った際にはカードの利用明細に目を通して、身に覚えのない決済情報がないか確認することが大事です。
私の場合は日本でしたが、全く身に覚えのない家具が、身に覚えのない住所当てで購入されていたことがあります。
これはカード会社からの連絡で発覚し、支払いはされなかったので被害はありませんでした。

経験したのはその1度だけですが、意外と身近なところで犯罪は発生するものだと実感しました。
クレジットカードの利用明細はインターネットですぐに確認できますし、楽天カードは利用都度メールで確認連絡が来るようになっています。

半年悩んで、それでも楽天プレミアムカードを作成した、たった一つの理由

2018.04.23

楽天プレミアムカードが海外出張者、海外旅行者にお勧めする3つの理由

2018.04.22

クレジットカードの仕組みと、絶対おすすめのカード【初心者向け】

2017.12.11
以上、クレジットカードの海外利用についてでした。

岸ユメジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です